1. TOP
  2. 観光情報
  3. 四ツ屋一里塚(よつやいちりづか)(町指定史跡)とエノキの古木

四ツ屋一里塚(よつやいちりづか)(町指定史跡)とエノキの古木

  • 四ツ屋一里塚(よつやいちりづか)(町指定史跡)とエノキの古木
  • 四ツ屋一里塚(よつやいちりづか)(町指定史跡)とエノキの古木
  • 四ツ屋一里塚(よつやいちりづか)(町指定史跡)とエノキの古木
  • 四ツ屋一里塚(よつやいちりづか)(町指定史跡)とエノキの古木
  • 四ツ屋一里塚(よつやいちりづか)(町指定史跡)とエノキの古木
  • 四ツ屋一里塚(よつやいちりづか)(町指定史跡)とエノキの古木
  • 四ツ屋一里塚(よつやいちりづか)(町指定史跡)とエノキの古木
  • 四ツ屋一里塚(よつやいちりづか)(町指定史跡)とエノキの古木
  • 四ツ屋一里塚(よつやいちりづか)(町指定史跡)とエノキの古木
  • 四ツ屋一里塚(よつやいちりづか)(町指定史跡)とエノキの古木

一里(4km)ごとに置かれた一里塚の跡。北国街道で一対の一里塚が完全に残っているのは野尻・稲積とここだけ。 この一里塚の近くにエノキの古木がある。徳川家康は「一里塚に植える木は『余の木』でよい(なんでもよい)」と命じたのを「エノキ」と聞き間違えたため一里塚にはエノキが植えられたという。この一里塚近くの古木は当時一里塚に植えられたエノキの子孫と思われる。